「旅麺」シリーズの『札幌コク味噌ラーメン』は味噌の王道をいく安定の美味さ

このサイトでも何回か紹介している(はず)「旅麺」シリーズの一つ、『札幌コク味噌ラーメン』を食ってみた。
札幌つったらまああれですよ、ラーメンの本場ですよ。
しかも札幌味噌と言えば味噌ラーメンの中でも世界最強といってもよかろう。
つってもワシはそこまで札幌ラーメンとか味噌ラーメンのこととか全然詳しくないけどさ。
しかも正直味噌ラーメンはあまり食べないけど、パッケージに惹かれて購入したっつーわけです。
なんかほら、”北海道醸造の味噌”って書いてあるじゃな~い?
これはね、美味いやつでしょ?北海道の味噌なんて食べたことないからよくわからんけどさ。
いつもどーりテキトーなレビューなんであまり真剣には耳を傾けないでいただきたい。

しかしまあいつもどーりすごいですね、このタイプとゆうか大体すべてのカップ麺に言えることだとは思うのであるが、化学調味料のフルラインナップですね。
とりあえずそんなこと気にしてたらカップ麺なんぞ食えないんで原材料などは一切無視でいきましょう。

付属の袋はこのかやくと液体スープの2種類っす。
スープは生味噌タイプのやつが入ってやがるんでしょうなあ。
麺はとりあえずどのラーメンもこんな感じよね。

まずは最初にかやくを入れちゃいましょう。
そしてその上からドバドバーとお湯を入れます。
今回のお湯の目安量は360mlつーことでしたが、オーバーしちまいました。
でも全然許容範囲っすね!

で、お湯を入れたら3分待つ間に液体スープはフタの上で温めるべし!
「作り方」などにそう書かれてなくても温めるべし!
それがいいに決まってる!

んでもって今回はトッピングに玉子を用意いたしました、しかも生。
ワシ結構好きなのよね、インスタントとかカップ麺とかに生卵投入すんの。
半熟煮玉子とかそういった凝ったもんは作るのメンドーだしさー、さくっと生卵ってお手軽よね、栄養もバッチリ。


先に器に割って用意しときます。→先に玉子が腐ってないか確認もできるという料理人の間では常識らしいっすよ!
そこまで腐った玉子とかって見たことないけどね。

3分待ってフタを取ってみました。
ここに液体スープを投入しなければなりません。

結構な量の液体の味噌が出てまいります。
思っていたよりはドロドロっとした感じはなくそんなに絞り出さなくても中身全部入れることができる感じっす。

液体スープを全ていれるとこんな感じになります。
まあまあの量の味噌っすね。

しっかりかき混ぜるあるね、これ大事ね。
そしたら先ほど用意した生卵をインしちゃいます。

完成!
いやー玉子の効果もあって見た目もだいぶ美味そうになりましたね!
では早速いただきましょう!
まずはスープ。

うむ、しっかり味噌の味がしておる。
さすが北海道醸造の味噌を55%も使用しているだけある。
味噌の味なんてどこのもんかなんて全然知らんけどね。
なんか名前だけで美味しく感じるのはワシの気のせいだろうか。
確かに多少の化学調味料感はぬぐえんけどね。
でも生味噌なだけあってラーメンのスープとしてはなかなかのレベルではないか。

具はコーンと肉そぼろっすね。
味噌ラーメンにコーンってなんかデフォみたいな感じよね。
味噌とコーンって相性いいんだはずね。
肉そぼろも結構濃い味付けでいいアクセントになっておったよ。

逆に麺は少し残念であった。
ワシは待ち時間2分であったが、ほとんどコシはなかった。
食べ続けるうちにさらにブヨブヨ感が増してくるので、最初で3分も待ってたら最初から全くコシは感じられなかったのではいか。

完食!

ま、この麺であってもスープがそこそこしっかりしてたんで、全体的には満足のいくものであった。
しっかりとした味噌ラーメンっつー感じで「旅麺」シリーズもなかなかがんばっておる、と思ったよ。
でもワシは一度も本場の札幌味噌ラーメンとか食べたことないけどね。
味わからねーやつが評価してんじゃねーよ、と思われるかもしれんがあくまで個人で勝手にやってるブログなんで批判は受け付けない。

一食362kcal。

【評価】
スープ:★★★☆☆ 麺: ★★☆☆☆  量: ★★★☆☆ 値段:★★★★☆

シェアする

フォローする