日清『どん兵衛淡麗塩だしそば』のスープの得体がわからなさ過ぎる

このサイトでも何度か取り上げている「どん兵衛」シリーズのやつなんすけど、これもなんか期間限定のやつらしーっす。
ネーミングからして無茶苦茶美味そうではあるまいか。
この名前だけですでに生唾もんすよマジ。
でもまあ塩ラーメンとかもそうなんだけど、意外と塩モノって当たり外れが多いのよね、つーかむしろハズレの方が多いんじゃね?て感じすけど。
とりま、期待度MAXで行ってみましょー。

前に紹介した『どん兵衛京風あんかけうどん』と同じく”恋七味”が入っとりますね。どうやら同じ系統のシリーズらしいっす。
うどんの方の七味には生姜が入っとりましたが、今回はなんと”山椒”が入っとるらしーっすよ旦那。
攻めてきやがんな、商品開発部。

カップの中には液体スープ、かやく、恋七味の三種の袋が付いとります。
この液体つゆが期待大ですね。
淡麗塩だし。ウフ。

中の麺のご様子。
普通のインスタントのそばの麺なんだけど、なんか期待値が高いだけに、すでに無茶苦茶美味そうに見えるではないか。
先入観って偉大よね。
したらその上にとりあえず先入れかやくをINしちゃいましょう。

したら早速お湯をカップに入場させてしまいます。
今回のお湯の目安量は410mlだったんすけど、少しオーバーしちまいやがりまして、残念ながら規定量は守れませんでした。
まあ許容範囲内ではなかろーか。

もちろんしっかりと液体スープはフタの上で温めマッスル。
3分待ったらフタを取っ払います。

おお、なんかもうこの時点ですでにかなり美味そうではないか。
これはかなり期待できそうっすね。
そんじゃまあ、例の期待度MAXの淡麗塩だしスープの入っておるであろう液体スープを投入いたしましょう!

液体スープ投入後はしっかりとかき混ぜます!
そんでもって最後の仕上げに恋七味を入れちゃいます。
そしたら完成っすね!

では早速期待度MAXのスープをいただいてみやしょう!


















うん?













なんだこれわ?











気のせいか?
もう一口いってみよう。
























マズっ!!!










いや、不味い。
実にマズい。
全くもってまずい。

美味しくないという以前の問題でマズイ。

これは何か、アレか?
ワシなにか入れ忘れてないか?
んなこたねーか。
どうやらデフォルトでこの味らしー。

いやー期待度MAXだっただけにこりゃー大外れ引いちまったって感じっすかね。
逆によくこの味で商品化できたな、と思ってしまうほどである。
つーか消費者の反応を試してんじゃねーの?
などと勘繰ってしまうほどの強烈な(ヒドイ)スープである。

もうすでに気持ちは大分萎えてしまっていたのだが、まだスープの段階である。
とりあえず麺を口にしなければ話にならないだろう。

すでに期待度MAXだった(しつこい)淡麗塩だしスープのあまりのヒドさに打ちのめされてしまっていたせいか、心なしか麺もそういう風に見えてしまうというのは世の理。
実際一口すすってみたところ、この激マズスープと相まって全然美味しくない。
いや美味しく感じられないだけかもしれない。
多分この麺に罪はない。
あるとすれば期待度MAXだった(だからしつこい)このスープだ。

何とか具の肉団子的なもんで気を紛らわせたり、さらに七味をぶっかけて味を変えてみたり、だましだまし食うしか道はなかった。
ここには出てないが、さらにワシ自身で醤油やら、塩やら鶏ガラスープやらを投入して完全に元の味を消し去ってから食べ切った。

正直期待外れMAXな残念な結果に終わってしまったが、これも期間限定らしーんで、今後はもう二度と世の中に出てこないのでは?と思う。
まあ興味本位で食べてみたい!という方は是非。

一食379kcal。

【評価】
スープ:★☆☆☆☆ 麺: ★★☆☆☆  量: ★★☆☆☆ 値段:★★☆☆☆